趣味の英語や編み物の話題を中心に日々のできごとを綴っています

menu

ヨウコのゆるふわライフ

ブログを書くために買った本4冊のご紹介

WordPress
広告

 

先月、突然ブログを立ち上げようと思い立ち、WordPressを使っていろいろ書き始めました。

職場ではさまざまな文章を書いていますが、ブログで必要とされる文章の書き方とはだいぶ異なることがわかりました。

そこで、本を何冊か買ってみました。

■新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング:唐木 元 著

とてもよかったです。

私は仕事で文章を書いてきて、「私って結構文章力があるかも、うふふ」と(勝手に)思っていましたが、この一冊を読んで、目からうろこと思ったことが多々ありました。

言葉の順番を入れかえるだけで、ぐっと読みやすい文章になったり、読点の置き場所で「頭が悪そうな印象を与える」こともあるとのこと。

確かに語順はたいせつだと思いますし、句読点も大事です。

私はブログを書くようになり、かなりの割合で漢字で書いていたところを「ひらがな」にしています。

それも、読みやすさを考えると、漢字だらけの文章よりははるかによさそうだと思うようになったためです。

この本は、たとえブログでなくとも、文章を書く際にたいせつなことがたくさん書かれていますので、とてもおススメですし、私も繰り返し読みたい一冊となりました。

■本気で稼げるアフィリエイトブログ:亀山 ルカ 著

なんだかとっても人気の本みたいでしたので、ネットでポチしました。

とても読みやすく、「ブログってなに?アフィリエイトってなんなの?」の疑問に答えてくれているので、私はまったくの無知で初心者ですが、この一冊で「なんとなくブログの概要がわかったかも…」と思いました。

著者のかたは、まだお若いのにしっかりした女性ですね。

この本ではWordPressには触れられていませんので、WordPressについて読みたかったというかたには残念な内容かもしれませんが、なにを書いていったらいいのか、タイトルのつけ方はどうしたらよいのか、書くことがないという人はどうしたらいいのか、など、読み物としておもしろかったですし、「ブログっていったいなんのためにあるの?」という、きわめてシンプルな問いに答えてくれるような一冊でした。

■沈黙のWebライティング:松尾 茂起 著

ネットで評判だったので買いました

ものすごく厚い本で、631ページもありました。

う~ん、Amazonでのレビューの数も多く、ほとんどが☆4~5個をつけていますが、まだ私には難しすぎてよく飲み込めていません。

漫画仕立てということで、読み易さはgoodなのですが、内容が今の私には難しかったです。

しばらくしたら、また取り出して読もうと思っています。

ちなみに、メルカリでこの本の出品が多かったですが、すべてsoldとなっていて買えませんでした。

メルカリで売る人がいるということは、「イマイチだった」と思う人がけっこういるのかもしれませんが、即効で買い手がつくということは「読みたい人もわりといる」ということですね。

■SEOに強いWebライティング:ふくだたみこ 著

こちらもレビューを見てよさそうだったので、買いました。

ライティングの本を書かれているだけあって、文章がとてもわかりやすく、親しみやすかったです。

レイアウトも目に優しく、とても読みやすい一冊です。

買ったときは、SEOとはなんぞや?という段階だったので、よくわからないままに読み進めましたが、だんだんSEOとはこんなもの、と概要がわかってきてからはこの本の理解度も上がった気がします。

これらの本は、すでにWordPressでかなりの収益をあげているかたのブログで紹介されていたこともあり、買ってみました。

一度で終らせずなんども読み返して、さらに理解度をあげるつもりです。

広告

カテゴリー

アーカイブ