趣味の英語や編み物の話題を中心に日々のできごとを綴っています

menu

ヨウコのゆるふわライフ

広告

 

ふらりと寄ったコンビニで手にした、クロワッサン1月10日号のテーマは「胃腸を整え、血流促進、太らない!健康スープ」でした。

パラパラと立ち読みしたら、おいしそうで、しかもダイエットにもよさそう!と思って即購入。

いそいそと帰宅して眺めると、特に難しくも面倒でもないレシピばかりで、しかもとても健康によさそうじゃないですか。

鍋物ダイエットもそれなりに効果はありましたが、やはり少々飽きてきて、一時期は白菜とかネギとか豆腐を買う気になれなくなりました。

 

そこで、鍋物はしばらくお休みして、スープ作りの研究をすることに。

スープのメリットは以下のとおりです。

  1. 冷え対策-冬の冷えは不調の原因!スープでダイレクトに体を温める
  2. ダイエット-食事の最初にスープを飲むことで満腹感が得られ炭水化物を減らせる
  3. 冷蔵庫の整理-残り野菜などなんでもスープの材料になり冷蔵庫もスッキリ
  4. まとめ調理-大鍋でたっぷり作れば2~3日食べることができる

スープの材料は野菜をたっぷり

冷蔵庫の中にある野菜を1~2センチ角くらいに切ります。

この日は以下の野菜を使いました。

・キャベツ

・玉ねぎ

・セロリ

・人参

・大根

 

セロリはとてもみずみずしく葉っぱも細かく切って利用。

タマチャンショップのたまねぎスープ、塩コショウで薄味に仕上げます。

鍋に入れてただ煮るだけで、健康的なダイエットスープの出来上がりです。

広告

お勧めの鍋はル・クルーゼ

この鍋はとても人気なので、持っているかたもたくさんいるでしょう。

カラーやサイズが豊富にそろっています。

調理時間が早く、10分加熱してあとは火を止めていれば余熱ですっかり煮えているという優れものです。

かたまり肉を短時間で柔らかく煮たいという場合は圧力鍋のほうが適していますが、こちらの鍋でも時間をかければ固い肉も柔らかく仕上げることができます。

我が家のル・クルーゼはオレンジ色の24cmで、だいぶ前に息子が買ってくれたものです。

ややお値段が高いですが、一度買ったら壊れることも錆びることもありません。

我が家ではかなりハードに使っていまして、完全にモトは取れました。

一生使えるお鍋としてオススメしたいです。

スープバリエーション

かぼちゃのみそ汁

かぼちゃ、玉ねぎ、キャベツ(冷蔵庫のあまり野菜)を10分煮てみそを入れ、長ネギをのせただけのかんたんスープ。

みそ汁はほとんどの具材が使えるので、冷蔵庫整理にも役にたちます。

このかぼちゃのみそ汁は、コンソメ味にしてもおいしくいただけます。

ダイエット中の身としてはかぼちゃの糖質が少々気になりますが、栄養もあるし、なによりおいしいので作りました。

ミネストローネ風スープ

材料はキャベツ、玉ねぎ、にんじん、大根、セロリにトマトの水煮を加えて10分煮ただけ。

余熱で火が通るのでタイマーで10分セットしてあとは火を止めます。

トマト味もどんな野菜にも合いますし、タバスコと粉チーズを振りかけて食べるとなおさらおいしくなります。

最近お気に入りのタマチャンショップのたまねぎスープは甘みがあってとてもオススメです。

タマチャンショップで「おからパウダー」を買ってからお気に入りショップになりました。

このたまねぎスープは美容と健康によく、お湯を注いで飲むだけでホッとする味です。

特に寒くて冷える時期にオススメです!

サムゲタン風スープ

韓国の本格的なサムゲタンには及ばないですが、このかんたんサムゲタン風スープも、体が温まりおなかがいっぱいになります。

材料は、トリ手羽元、ネギ、大根、しめじ、しょうが、にんにく、米0.5号、もち麦少々です。

味付けは塩と砂糖、みそとしょうゆを適宜(つまり適当)使いました。

とにかくおいしかったです。

材料はなにを入れても自由で、人参や白菜などを入れて作ったこともあります。

とろみづけに入れたお米がお粥になり、ヘルシーでとても体が温まります。

広告

まとめ

スープにはメリットがたくさん。

まとめて作れば時間の節約にもなりますし、コンソメで煮ておけば、味付けを変えることも簡単にできます。

残りご飯にスープをかけて食べるのも、おいしいうえにおなかがいっぱいになりますのでダイエット効果もあります。

スープは簡単なので、この季節はいろいろ具材を変えて作ってみたいです。

ところで、おうち時間が増えている今、料理好きの私としてはオンライン料理教室に興味があります。

Zoomを使ってレッスンを行うそうです。

ちょっと体験してみたいですね!

広告

関連記事

カテゴリー

アーカイブ