趣味の英語や編み物の話題を中心に日々のできごとを綴っています

menu

ヨウコのゆるふわライフ

おからパウダーダイエット|2週間で1.5㎏減少

広告

「手軽で長続きしてあまりお金がかからないダイエット法はないかしら」

そう思っている人は多いのではないでしょうか。

この記事では今話題の「おからパウダー」の使用感やダイエット効果について書いてゆきます。

私は何十年も標準体型だったのですが、2014年ころからじわじわと太り始め、最大で15㎏も増加してしまいました。

さすがにピークを迎えたあとは自然に体重は減ったものの、あるところで下げ止まり昔の体重には戻っていません。

そんな余分な体重を減らすべく、今年の秋口から本気のダイエットを始めています。

 

鍋物ダイエットでダイエットのはずみがつき、少しずつ体重減少しています。

鍋物ももちろん継続中なのですが、毎日食べるとさすがに飽きがきてしまいます。

そこでいろいろなダイエット方法を調べてみたところ、話題のおからパウダーを使ったダイエットがお手軽でよさそうだったので、試してみることに。

かつて流行った「りんごダイエット」「バナナダイエット」「こんにゃくダイエット」など、特定のものを食べ続けるダイエットは栄養的にも少々問題がありそうですし、続きそうにありません。

この「おからパウダーダイエット」はいろいろな食べ物におからパウダーをちょっと足すだけ。

または、ぱらぱらとふりかけるだけですので面倒ではありません。、

続けられそうな予感が…。

結果、2週間で体重が1.5㎏、体脂肪が0.5%前後減少しました。

おからパウダーって?

豆腐や豆乳の製造過程で残る「おから」を脱水加工して乾燥させたものが「おからパウダー」です。
 
 

食物繊維が豊富で、水分を含むと膨らむ性質があります。

その食物繊維は「不溶性食物繊維」で腸を刺激し、便秘解消にも効果があるといわれています。

まとめるとおからパウダーには以下のようなおすすめポイントがあります。

  1. 栄養価が高く低カロリー
  2. 植物繊維が多い
  3. 腸内環境がよくなる
  4. 常温で数か月の保存が可能
  5. 低価格なダイエットフード
広告

おからパウダーの美容・健康効果は?

おからパウダーによって得られる美容・健康への効果を調べてみました。
 
 
健康によいものは美容にも効果的で、美容と健康は切っても切れないものです。
 
 

たとえ痩せることができても、健康的でなければキレイに見えません。

ここからはおからパウダーの美容&健康への効果を説明していきます。

水分を含むと5倍に膨らむので満腹感が得られる

おからパウダーは水分とともに摂取すると、胃のなかで膨らむ性質があり、満腹感が得やすくなります。
 
 
私は今、インスタントのポタージュスープに大さじ1のおからパウダーを加えて飲んでいますが、それだけで空腹感がまぎれますし、なにより美味しいです。
 
 

スープやみそ汁などの汁物におからパウダーを入れて食事の前に飲んでおくと、ご飯やその他の糖質が多いものの食べ過ぎを防ぐことができます。

また、食事と食事の間におなかがすいたときにも、スープ+おからパウダーでおやつのドカ食い防止になります。

豊富な食物繊維を含むので便秘解消になる

食物繊維は腸内環境を整えるといわれていて、穀類、豆類、野菜やきのこ、海藻などの食品からとることができます。

厚生労働省が定めるところの「日本人の食事摂取基準」では、1日につき男性は20g、女性は18gの食物繊維が必要とされています。
 
 
ところが、ほぼすべての年齢層で摂取量が足りていないとのこと。
参考

食物繊維の摂取目標量|大塚製薬

食物繊維についての詳しい解説があります。

不足した食物繊維を補うために、おからパウダーはとても有効です。

食物繊維の不足は便秘の原因となり、便秘が美容と健康に非常によくないのはご存じのとおりで、おからパウダーを摂取することで腸の調子がよくなり、便秘解消につながります。

植物性タンパク質が豊富でダイエット時の栄養補給になる

タンパク質の摂取は肉や魚の動物性タンパク質がメインですが、植物性タンパク質の代表が豆腐です。
 
 

その豆腐の製造過程で残ったおからやおからパウダーにも、植物性タンパク質が豊富に含まれています。

美容と健康のため、植物性タンパク質も積極的にとりたいものです。

また、おからパウダーには女性ホルモンのエストロゲンに作用が似ているといわれる大豆イソフラボンも多く含まれており、女性特有の症状に悩む人や更年期の女性は特に多めにとるよう推奨されます。
参考

大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

食品安全委員会による大豆イソフラボンに関する資料です。

おからパウダーのレシピ

レシピといっても難しいことはなく、ただぱらぱらとふりかけるだけ。

手軽なところがおからパウダーダイエットのよいところです。

手のかかるダイエットは長続きしませんから…。

おからパウダーはどんなものにまぜてもその味を邪魔しないので、ほとんどの食品と相性がいいと言えます。

オススメを数点と、あいにく私には合わなかったレシピもあげておきます。

コーンスープかポタージュ+おからパウダー

コーンスープかポタージュスープ(インスタントでOK)におからパウダー大さじ1を加え、よく混ぜるとスープが濃厚になり、もったりした味わいになります。

1食分のカロリーは以下のとおりです。

スープ65kcal+おからパウダー大さじ120kcal=85kcal

スープのカロリーはどんなスープを選ぶかにより若干の差は出ますが、1食分のカロリーは100kcal以下です。

私は食間におなかがすいたときや、寝る前にどうしてもなにかを食べたくなったときにこのスープを飲みます。

夜食にご飯やラーメンやうどんを食べていた悪しき食習慣からこのおからパウダー入りスープに変えたことで、体重&体脂肪はじわじわと減少しています。

ヨーグルト+おからパウダー

ヨーグルトはダイエットを意識し始めたときからよく食べるようになりました。

無糖のヨーグルトを選んでいます。

甘いものに依存していた味覚がノンシュガーに慣れるまでには少し忍耐も必要でしたが、慣れると本来の味を楽しめるようになります。

無糖ヨーグルトをカップ1くらいにおからパウダーを大さじ1加え、よく混ぜます。

混ぜないで食べてもよいのですが、粉っぽくて少しむせたりしますので私は混ぜるほうをオススメします。

鍋物+おからパウダー

鍋物ダイエットは続行中で、汁におからパウダーを入れて食べています。

和風の味にも洋風の味にも合うのがおからパウダー。

美味しくいただいております。

コーヒー+おからパウダー

う~ん、これは微妙でした。

おからパウダーの摂取で「コーヒーにまぜる」をすすめているサイトや書籍もありますが、私には合わないかなぁと思いました。

下の画像は初めて買ったおからパウダーの袋の裏に書いてあったものです。

私も試してみました。

ブラックコーヒーに入れると、コーヒーの色が濁ったりおからパウダーがカップの底に沈んでたまっていたりします。

私には向いていないと感じました。

そんなわけで、皆さんもご自分の口に合うレシピを探してくださいませ。

広告

おからパウダーはどこで買う?

普通にスーパーで売っています。

私は手始めに少量の袋をスーパーで買い求め「これなら続けられそう」と思ったため楽天で大袋をまとめ買いしました。

下の画像は私が現在使っているおからパウダーです。

1kgとありますが、この袋は500g入りで、こちらが2袋送られてきます。

私はタマチャンショップで購入しました。


 

AmazonやYahoo!ショッピングでも、たくさんの種類のおからパウダーから選ぶことができます。

ダイエットは続かないと意味がない|失敗談

ちまたには様々なダイエット法が生まれては消え、つねに流行のダイエットというものが存在します。

それだけ深刻に痩せたい人が多いのでしょうが、苦痛をともなうダイエット法は続きません。

参考までに私が続かなかったダイエット法をあげてみます。

青汁ダイエット

脂肪や糖の吸収を抑えるといわれる「青汁」、お好きなかたは毎日飲むことで美容と健康を手に入れていることでしょう。

私の場合、「飲みやすい青汁」と銘打っているものを買ってはみても、やっぱりどうしてもあの味が好きになれませんでした。

結局続かず、大部分を捨てることになってしまい、「青汁ダイエット」はあえなく失敗。

プチ断食

これは「私には絶対無理」とは思いましたが「3日で2㎏減!」などの体験談をネットで読むと「やってみようか」という気になってしまいます。

「プチ」とつくくらいですので、完全なファスティングではなく、野菜ジュースやスムージーを飲んでもいいようでした。

空腹に耐えられず1日でとん挫しました。

やはり「食べないダイエット」は私には向いていないと、つくづく思います。

広告

まとめ

そもそも、そんなに太るまで自分の体を甘やかしたのが悪いわけですが、太ってしまったからには2つの選択肢しかありません。

  1. 痩せていた過去を捨て太ったまま余生を過ごす
  2. ダイエットをして昔の自分を取り戻す

この記事では「おからパウダー」をダイエットに取り入れてみたところ、なかなかおいしく、しかも数値的にも体重減の効果が出たことをお伝えしてきました。

おからパウダーの取り扱いについて、注意したいことは以下の2点です。

<注意>

  • 一度に大量に摂取しないこと:少しずつこまめにとることが大事です
  • 十分な水分を補給すること:水分と同時にとることで膨らむ性質があります
 
もし、おからパウダーがお気に入りましたら、しばらく食生活に取り入れてみてください。
 
ダイエットが必要ない方でも、便秘や更年期の症状が気になる場合は、積極的に摂るといいかもしれません。
広告

関連記事

カテゴリー

アーカイブ