趣味の英語や編み物の話題を中心に日々のできごとを綴っています

menu

ヨウコのゆるふわライフ

Amazonプライム会員|特典のなかで使っているのは2つだけでもかなりのお得

広告

この記事はAmazonプライム会員になるか検討中のかた、迷っているかたに読んでいただけると幸いです。

ネット通販が普及して、誰もが気軽にネットでお買い物ができる時代になりました。

私は主に楽天とAmazonを使っています。

今日はAmazonプライム会員について、レポートしてみます。

はたしてお得なのか、そうではないのか…。

私は今のところ、特典の中で頻繁に使っているのは2つだけです。

それでも、プライム会員になってよかった、と思っています。

Amazonプライム会員になるには

Amazonプライム会員とは

プライム会員になるためには、別途会費が必要です。

  • 年会費:4,900円
  • 月会費:500円

月会費の500円を1年間支払うと1年で6,000円、年会費の4,900円を12カ月で割ると408円というわけで、年会費のほうがお得なのは明白です。

※2019年4月に会費が値上がりしました。以下を参照してください。

【以下はAmazonより引用】

2019年4月12日、Amazonプライムの会費を以下のとおり改定いたしました。月会費・年会費の各支払いプランのプライム会員のお客様が、同じ支払いプランを更新される場合、2019年5月17日以降の請求から、改定後の会費が適用されます(※)。※4月12日以降に会費プランを変更(例:月会費から年会費に変更)された場合は、改定後の会費が適用されます。

次回の請求日や金額を確認するには、Amazonプライム会員情報を管理するの「次のお支払い」をご覧ください。

 

変更前

変更後

年会費

3,900円(税込)

4,900円(税込)

月会費

400円(税込)

500円(税込)

Prime Studentの会費については、Prime Studentについてをご覧ください。

月間プランの場合、500円(税込)、年間プランの場合、4,900円(税込)が請求されます。

1カ月の無料体験期間があります。

私はAmazonプライムの無料体験に申込み、キャンセルを忘れてそのままプライム会員になってしまいました。

Amazonから3,900円(当時)の請求が来ていて「なんだろ?」と思って気づいたというわけです。

でも、解約を忘れて会員になってよかった、と今は思っています。

広告

たくさんの特典!多すぎて使いこなせない

特典については、あまりに多いので、アマゾンのリンクを貼らせていただきます。

Amazonプライム会員の特典一覧

最近追加された特典もあるようです。

まずは上記をよく読み、理解した上で、プライム会員になるかどうか考えてみるといいです。

この多くの特典の中で私が重宝している点をご紹介します。

特典が多すぎて、すべてを使いこなせてはいないのですが…。

Amazonプライム送料特典

Amazonで「当日お急ぎ便」を使う場合や、合計2,000円以下の商品を注文する場合には送料がかかります。

私は「お急ぎ便」に関してはあまり魅力を感じません。

そんなに急いで必要なものがあるのなら、ネットではなく実店舗に買いに行きますから。

「送料無料」については、とても魅力を感じます。

他のショッピングサイトだと、○○○以上送料無料、買い物額の下限が設定されていることがほとんど。

送料無料にするために、何か買い足すものはないか、とつい余計なものも買ってしまいます。

Amazonプライムの場合、なにをいくつ買っても送料無料なので、画面の前で悩まなくて済みます

送料の数百円が惜しい、とアタマを悩ませるのは私だけではないでしょう。

ネットショッピングで、送料無料にするためにいらないモノまで買ってしまう人にはおススメの送料オプションです。

たとえば、私は今「編み物」に夢中で、特に「オパール毛糸」にとても魅かれています。

私のご近所でオパール毛糸を買える店舗はないので、いつもネットで購入するのですが、たいてい、送料がかかります。

オパール毛糸1個約1,800円として、5,000円以上送料無料となると3個買わないと無料にはなりません。

Amazonでもプライム会員でないと2個買わないと送料無料になりません。

Amazonプライムなら1個だけ買っても送料無料で、これは嬉しい、特にお気に入りの特典です。

国内外ドラマ・映画が見放題

Amazonプライムビデオ

私が、「いや~うっかりプライム会員解約しそこねちゃった」「でも、これがあるならモトはとれたわね」と思うのが、プライムビデオです。

ものすごくたくさんのビデオが見放題です。

国内外の映画、ドラマで有名どころが、たくさん配信されています。

ジャンル別になっていますので、興味のあるビデオを探してみてください。

ちなみに、私は日本のTVドラマで最近観たのが

  • ドクターX~外科医大門・未知子 シーズン1~5
  • ナサケの女
  • リーガルV
  • 緊急取調室シーズン1~2
  • ドクターズ「最強の名医」1~3、スペシャル

海外ドラマでは

  • デスパレートな妻たち-シーズン1~8まで、180話全部

デスパ妻は長かったですよ~。

英語の勉強も兼ねて観ましたが、これを全部レンタルしたらどれだけの金額になるでしょうか。

PCでもタブレットでもスマホでも観られますが、私はスマホでは観ないですね。

やはりある程度の画面の大きさがないと観づらいので、タブレットで観ます。

自宅のテレビにつなぐこともできますが、別途機器が必要です。

私は寝室で寝転んで観ることが多いので、テレビにはつないでいません。

テレビとの接続方法は、多くのかたがブログで解説してくださっていますが、一番わかりやすいと思ったのがこちらです。

ほう、なるほど、と思いました。私はテレビにつなぐことは今のところ考えていませんが、将来的に必要になったら参考にしたいサイトです。

広告

読み放題はキンドルのほうがベター

AmazonReading

これは今は“使っていない特典”です。

持っているタブレットにキンドルのアプリは入れているのですが、やはり私は「紙の本」が読みやすく、読み放題のサービスは利用していません。

間違いやすいのが、AmazonReadingとkindle unlimitedです。

じっさい私も勘違いして、間違いました。

一度、プライム会員だからタダだと思い、読み放題と書いてある本をダウンロードしてしまいました。

どちらも読み放題ですが、kindle unlimitedの読み放題の対象書籍は、桁違いに多いです。

後から別途料金がかかって「はて?」と思ったらKindle Unlimitedの本だったんですね。

Kindle Unlimitedは月額980円かかります。

それに気づいてすぐにKindle Unlimitedはキャンセルしたのですが、よく注意してクリックしないと、予期せぬ支払いをすることになります。

違いを詳しく説明してくださっているサイトがありました。

Prime ReadingとKindle Unlimitedの違いを比較|Amazonの読み放題

こちらを見るとAmazonReadingは700タイトル、Kindle Unlimitedは17万タイトル、これだけの差があります。

Kindle愛用者のかた、これからデジタルブックに移行したいかた、にはKindle Unlimitedがだんぜんおススメのようです。

まとめ▼私はAmazonプライムの多くの特典の中で頻繁に利用しているのは2つだけ。①配送特典 ②プライムビデオ これだけの利用でも、年額4,900円をお支払いしてもいい、と思っています。
広告

関連記事

カテゴリー

アーカイブ