趣味の英語や編み物の話題を中心に日々のできごとを綴っています

menu

ヨウコのゆるふわライフ

オパール毛糸|グリッターで編む軽めのスヌード

広告

もう夏も近づいてきたので、毛糸も暑苦しく感じる日もありますが、今まで編んだオパール毛糸の品々を少しずつアップしていきたいと思います。

こちらは、グリッターというラメ入りの糸です。

とあるSNSにグリッターで編んだマフラーがアップされているのを見て、一目ぼれ。

下の写真の一番右側がグリッター9675番(ファイヤー)です。

オパール毛糸は糸番の他に、それらしい雰囲気の日本語名がついています。

その他は左からバタフライの9650(はらはら)と9653(ふわふわ)、 シンフォニー9612(疾風)です。

あいにく、シーズン毛糸だったため現在は購入することができません。

さて、ラメ入り糸でなにを編もうかと買ってから考えたのですが、軽いスヌードにしました。

■使用糸:オパール グリッター9675 50g

■使用針:addi 輪針 4号 40㎝

■ゲージ:28目×32段

■仕上がり寸法:幅約22 ㎝ 長さ23 ㎝

■参考書籍:表目と裏目だけで編むニット(ベルンド・ケストラー著)

よさそうな長さまで編んで、残りの毛糸を量ったところちょうど50g。

一玉100gなので半分使ったことになります。

ケストラーさんの本はたいへんおもしろく拝見しました。

しかしデザインが大胆すぎて、私にはとても着る勇気がないものが多かったのが正直なところ。 ただ、編地だけを参照すると、とてもいい雰囲気のものが仕上がりました。

このスヌードも、ケストラーさんの本では「うね模様のポンチョ」でした。

デザインが奇抜すぎて、ケストラーさんには悪いですが私が着られるポンチョではありませんでした。

この本を買って失敗だったかな、と思いましたが、編地を参照して他のものを編むのに活用させていただいています。

広告

関連記事

カテゴリー

アーカイブ