趣味の英語や編み物の話題を中心に日々のできごとを綴っています

menu

ヨウコのゆるふわライフ

心臓ペースメーカー植え込み術体験記⑧|入院費用について

広告

術後の経過は順調で、入院時に渡されたスケジュール表のとおり、11日間の入院生活を終えました。

今回は、入院にかかった費用についてまとめることにします。

当然のことながら、入院+手術となると、それなりの大きな費用が発生します。

幸い日本には国民皆保険制度があり、医療費の自己負担額は多くても3割です。

そして、高額な医療費を支払う場合には上限が決まっている制度があります。

支払総額と内訳

退院時に支払った金額は128,067円(限度額適用認定証提出後)でした。

内訳

  • 保険適用分・・・92,077円
  • 保険適用分(食事)・・・13,340円
  • 保険外負担・・・22,650円

保険外負担の内訳

  • 室料差額・・・16,500円
  • 文書料・・・6,150円

室料差額・・・差額ベッド代日額1,650円が発生する病室に10日間入ったため1,650円×10日です。

入院期間は11日間だったのですが、1日はHCUに入ったのでその分は差額が発生しなかった模様です。

文書料・・・診断書料のことで、今回は身体障害者手帳の申請に必要な、医師の意見書代です。

身体障害者手帳については病院のケースワーカーさんから紹介があり、任意でしたが申請することにしました。

今回の支払い額のなかでもっとも大きいのが「手術費」です。

手術の点数として92,071点が算定されていました。

(ペースメーカー本体の費用、麻酔などを含む)

1点=10円ですので、手術代で920,710円かかったことになります。

健康保険や限度額適用認定証がなければ100万円以上の医療費となることを考えると、国民皆保険制度は非常にありがたい制度だと改めて感じました。

広告

限度額適用認定証とは

70歳未満の患者は『限度額適用認定証』の提示により、窓口負担が軽減されます。

簡単に言うと、窓口負担(患者が実際に支払う額)には上限が決められており、それ以上は支払わなくてよい、という制度です。

これは、窓口ではいったん3割負担分の全額を支払い「高額療養費」の申請を行い、後日上限を超えた分を払い戻される制度を便利にしたものです。

はじめから医療費が高額になるとわかっている場合には、事前に『限度額適用認定証の申請をしておきましょう。

私の場合は急な入院でしたので入院と同時に申請し、認定証が届くころには退院しているかもしれないという状況でした。

私は息子の健康保険の扶養に入っています。

息子は組合健保で、息子が会社に申請し認定証が送られてくるまで約1週間はかかるとのこと。

認定証が届くのと私の退院と、どちらが早いか微妙なところでした。

そこで、今回は退院時にはいったん自己負担分を支払い、認定証が届いた時点で払い戻しを受けるということに。

幸い入院中に認定証が届いたため12万円程度の支払いで済みました。

支払いは楽天カード払いにし、ポイントをいただくことも忘れませんでした。

次のような人は加入している健康保険の保険者(会社や市町村など)に申請して限度額適用認定証を入手することをオススメします。

■ 入院することがあらかじめ決まっている

 ■ 手術を受けるなど、医療費が高額になると予想される

 ■ 入院が長くなり、医療費が高額になると予想される

生命保険の入院給付について

生命保険に加入している人は、診断書と給付金請求書を提出して、保険金を受け取りましょう。

私が加入している保険は古く、補償額はあまり大きくないのですが、入院日額×1日分の補償額+手術に対する給付がでました。

保険会社の所定の診断書を使うことになるため、事前に入院や手術が決まっている人は取り寄せておき、退院するときに診断書を窓口に依頼してくるといいですね。

私は急な入院でしたので退院してから給付金の請求をしたい旨保険会社のコールセンターに電話し、医師診断書の用紙を郵送してもらい、改めて病院に頼みに行きました。

その際の文書料(診断書料)は病院によって異なり、7千~8千円くらいかと。

診断書作成にかかる日数は2~3週間で、私が入院した病院では郵送してくれました。

保険会社に直接ではなく自宅に郵送されますので、その他の書類に記入して保険会社に送れば比較的すぐに振り込まれます。

私は、生命保険の入院給付で今回の入院費の全額を賄うことができました。

年齢が上がると保険に加入するのも難しくなり、入れたとしても保険料が高額になってしまいます。

若いころに加入した保険は、よほどの事情がない限りは解約しないで継続しましょう。

病気も怪我もしないと「ただ保険料を払い続けているだけ」の状態になりますが、そもそも保険とは「いざ」というときのためのものですから。

今は持病があっても入れる保険、高齢になっても入れる保険もあるので、一度保険の見直しをするのもよいかもしれませんね。

私は今回の病気でもう加入審査は通らないだろうと思いますので、今後新たな保険に加入することは考えていません.

現在加入中の保険は死亡時まで継続の予定です。

広告

おわりに

ペースメーカー植え込みにかかった費用についてまとめました。

私の場合は緊急にペースメーカーを入れないと生命にかかわる状態で、あわてて入院してあっという間に退院してきたわけです。

病状によっては、入院までに日数があるというかたも多いかと思います。

その場合は、限度額適用認定証や生命保険会社の請求書類などは取り寄せておくと、費用関係はスムーズにいきます。

また、入院で差額ベッド代が発生する病室に入るかどうかでも費用に大きな違いがありますので、事前に調べる余裕があればチェックしておくことをお勧めします。

入院時の個室と大部屋についても記事にしました。

 

広告

関連記事

カテゴリー

アーカイブ