趣味の英語や編み物の話題を中心に日々のできごとを綴っています

menu

ヨウコのゆるふわライフ

入院生活を快適に|Wi-Fiレンタルなどオススメ4点

広告

約1カ月の入院

2020年9月、大学病院の外来でPET検査の結果サルコイドーシスの疑いが濃厚となり、さらなる検査を受けて病名が確定すれば治療が必要なため、約1カ月ほど入院することになりました。

当初は3週間とのことでしたが、おおよそ1カ月を念頭に準備を開始。

今回は入院までの準備期間が10日間あったため、しっかり計画を練り、ほぼ完璧な準備ができたように思います。

この入院準備には、6月の入院の経験が活かされています。

何事も二度目は要領がよくなるものです。

入院時の持ち物に関しての記事もよければご覧ください。

広告

入院のために用意したもの

近年は入院期間がどんどん短くなり、手術を受けた人でも早期に退院になる傾向にあります。

そのようななか、1カ月も入院するのは「長い入院」といえるかもしれません。

ここからは、今回の入院生活のために私が用意したもののなかで必需品以外に特にあってよかったものを紹介します。

安静度はその人により違いますし、食事も給食以外のものを食べてはいけないという病状の人もいます。

私の場合は「運動や食事などの院内の行動を厳しく制限されていない」という条件下での持ち物になります。

私が用意してよかったと思うものは以下のとおりです。

  1. インターネット環境
  2. 自分の枕
  3. Amazonプライムビデオ
  4. Amazon Music

インターネット環境

1カ月間ネットなしで過ごすことを考えると非常に不安になるほど、今の私はネットに依存した生活をしています。

6月の11日間の入院ではスマホとタブレットしか持参しませんでしたが、今回はそれプラス小型のパソコンも持ち込みました。

たまたま持っていたのがパナソニックの小型ノートPCのLet’s Noteです。

入院することになった大学病院では個室と大部屋があり、個室には無料でインターネット回線がついていますが、大部屋にはありません。

私は4人部屋を希望したため、ネット回線を確保するためにWi-Fiルーターをレンタルしました。

このようなレンタルWi-Fiは、利用日数も1日から長期間と細かく設定されています。

私は30日プランを選択しましたが、利用延長も可能で非常に便利なものです(2021年3月7日リンクを更新しました)。

おかげで、病室にいても自宅にかなり近い環境でネット生活を送ることができています。

食堂など、会話が許可されているスペースでオンラインで会話をしている患者さんも見かけました。

また、病院にいると医師の説明に関すること、検査や薬の情報など、調べたいことが山ほどあります。

それをスマホだけで行うのは少しストレスが大きいかと思っています。

入院が長引きそうで「ネットがないと困ってしまう」という人には、まっさきに手配をお勧めするアイテムです。

私はこの入院では楽天市場でレンタルしました。

その後調べたところでは下記の【Wifiレンタルどっとこむ】急な入院でも入院先に届けてくれ、入院日数が決まっていなくても自動延長できるなど、使い勝手がよさそうでした。

次に入院の機会があったら、こちらに頼んでみようと思います。

1日最低127円とのことですので、楽天より少しお安いです。

Wifiルータが格安で1日からレンタル可能!
出張・イベント利用・引っ越しなどの一時的な利用に便利【Wifiレンタルどっとこむ】



自分の枕

どんな環境でも眠れるという人には必要がないかもしれませんが、私のように神経質で不眠傾向のある人は普段家で使っている枕を持ち込むとよいでしょう。

私は1週間の検査中、病院の小さなビーズ枕でとても寝心地がわるく、よく眠れませんでした。

一連の検査後、投薬治療が始まるまえに「いったん自宅に戻りたい」と希望を出し、その際マイ枕を持ってきました。

旅行や出張のホテルで枕がかわるとよく眠れないという人は、ぜひ試してみてください。

入退院時の荷物は多くなりますが、私は自分の枕を持ち込んで本当によかったと思っています。

私のお気に入りはニトリのホテルスタイルまくらです(2021年3月7日リンクを更新しました)。

※医療機関によっては自分の寝具(タオルケット、毛布、枕など)を持ち込めないかもしれませんので、事前に担当ナースさんにお問い合わせください。

Amazonプライムビデオ


多くのドラマや映画が見放題のサービスで、数あるAmazonプライムの特典のなかのひとつです。

配信サービスは他にもありますが、私はもともとAmazonプライム会員です。

今回はパソコンを持ち込みましたので、映画やドラマをたくさん観ました。

入院中ということもあってか、「ドクターXシリーズ」「チームバチスタシリーズ」「コードブルー劇場版」などの医療ものを好んで観ています。

昨日は最近プライムビデオに追加になった「スマホを落としただけなのに」を観ました(怖かったです)。

Amazon Music

Amazon Musicには5つのプランがあります。

プライム会員は追加料金なしで200万曲が聴き放題ですが、少し料金を出してUnlimitedにすれば、7,000万曲が広告なしで聴き放題になります。

Unlimitedには無料お試し期間が30日間ありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

私は今お試し期間で、入院中はスマホでもタブレットでもPCでも聴けるようにしています。

やはりプライムのままだと曲数が少ない印象です。

また、最近ポッドキャストの配信が始まったので、私は英語関係のポッドキャストをいくつか登録しました。

さらに、ヒーリング系ミュージックも豊富ですので、気持ちを落ち着かせるのに役立っています。

病院の消灯後など、まだ眠れない時間に音楽やポッドキャストを聴いていると自然に眠気が訪れるのではないでしょうか。

気晴らしや気分転換のグッズ

アイマスクとシートパック

入院生活は自宅の生活とは大きく異なり、非常に不自由でストレスもかかります。

初めて会った人たちと1つの部屋に寝泊まりし、一緒にご飯を食べたりするわけですから、病室とはかなり特殊な空間といえます。

入院が長くなりそうなときは、普段使っているグッズも持ち込むとよいでしょう。

私は「アイマスク」と「シートパック」を持って来て、就寝前に使っています。

(龍角散のど飴はとある検査の後にのどが痛くて売店で買いました)

4人部屋ですが就寝時はカーテンを閉めるため、その時に使っています。

編み物の道具

大げさなものではなく、メリヤス編みを直線に編むだけのネックウォーマーとハンドウォーマーを編む糸と編み針を持ち込みました。

なんとなく手持無沙汰な時間に、無心で編んでいます。

上がネックウォーマー、下がオパール毛糸のハンドウォーマーです。

輪針にすると2本針や4本、5本針のように「1本針が見当たらなくなった」ということがありませんのでおススメです。

入院生活も工夫次第で少しストレスが軽くなることもありますので、自分の好きなもので荷物にならない程度のものなら持ち込んでみましょう。

ただし、病状や安静度によっては院内の生活は大きく変わります。

入院中の持ち物などについて迷うことがあれば、担当ナースさんに相談してみましょう。

広告

関連記事

カテゴリー

アーカイブ