趣味の英語や編み物の話題を中心に日々のできごとを綴っています

menu

ヨウコのゆるふわライフ

ベルンド・ケストラーさん「表編みと裏編みだけで編むニット」から数点編みました

簡単ながらユニークな編地を次々と紹介している、ベルンド・ケストラーさん。

本を眺めているだけで楽しい気持ちになります。

中には少し奇抜すぎて「ちょっと着れないなぁ」というデザインもありますが、編地だけを参照してほかのものを編んでみると、あんがいイケるものもありました。

ケストラーさんの「表目と裏目だけで編むニット」を参考にして編んだものをご紹介します。

ケストラーさんはこんな人

ドイツのヘッセン州出身のニット作家で、現在は横浜市にご在住です。

十代のときから編み物を始め、常に「素敵なものが編みたい、面白いものを編みたい」と思い、新しい作品のアイディアを探していらっしゃいます。

編み物に関する世界の文献を研究し、古い本や雑誌から作品のヒントを見つけることもあるそう。

スパイラルソックスはケストラーさんの最初の著書で、発売以来どんどん人気が上昇中です。

ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス
created by Rinker

オパール毛糸でスパイラル編み

ケストラーさんと毛糸の柳屋さんのコラボで、こんな企画もあります。

とても美しい糸で、興味をそそられますね。

縄編みふうの帽子

こちらは表目と裏目だけで、縄編み風に見える不思議な編地です。

・出来上がり寸法 頭回り55.5㎝ 深さ17㎝

・ゲージ 模様編み 18目×29段=10㎝角

・材料 毛糸のピエロ カプリス ピンク系 2個 

・用具 本では6号60㎝輪針の指定 → 手持ちの8号40㎝を使用

 

この作品では、毛糸のピエロさんで購入したカプリスのピンクを2個使用しました。

手に優しく、とても編みやすい糸でした。

編み方のポイント

・表目と裏目を少しずつずらしながら編むと、このように一見縄編み風の編地になります

・編みはじめがトップに、かぶり口のゴム編みが最後になります

・本では2目ゴム編みでしたが、私は1目ゴム編みに変えて編みました

・編み止めがかぶり口になるので、きつくならないように止めます

・トップからかぶり口まで増減なしで編み、トップは糸をとおして縛ります

縛り口がお花のようになり、とても可愛い仕上がりに。

お世話になっているかたへのプレゼントにしました。

うね模様のマフラー

本で紹介されていたうね模様はポンチョだったのですが、あまりにもデザインが斬新で「ちょっと外に着て行ける気がしない」作品でした。

ただ、編地はキレイでしたのでマフラーを編んでみることに。

・出来上がり寸法 幅17㎝ 一周長さ122㎝

・ゲージ 模様編み 20目×24段=10㎝

・材料 毛糸のピエロ ドリームストーリー01 2個、ホワイト中細2個

・用具 10号2本針 とじ針

 

こちらの糸も毛糸のピエロさんで購入したものです。

ぽつぽつとスラブカラーが入っていて、とてもチャーミングです。

このマフラーではホワイトの中細と合わせ、2本どりにして使ってみました。

ドリームストーリーは気持ちも明るくなる糸で、今年レッド系とブラック系の新色が発売になったばかり。

さっそく買い足してみようかと考えているところです。

うね模様のスヌード

この模様は適度な凹凸が出て、編み目の不ぞろいも目立たないのですっかり気に入り、息子用のスヌードも編んでみました。

・出来上がり寸法 長さ25㎝ 首回り長さ50㎝

・材料 毛糸のピエロ カプリス ブルー系 2個

・ゲージ 模様編み 18目×22段=10㎝

・用具 10号40㎝輪針

 

毛糸のピエロさんで購入したカプリスのブルー系を2個使用しました。

この毛糸は太すぎず細すぎず、とてもスムーズに編めて手にも負担がかかりません。

お値段も手ごろで、ピンク系とブルー系を購入しましたが、他のカラーも試してみたいところです。

毛糸のピエロさんは無料の編み図もたくさん提供していますので、編み物好きのかたには見ているだけで楽しめるお店です。

ピエロさんのサイトは下のアイコンをクリックしてみてください。

輪針のご紹介

輪に編む帽子やスヌードは、輪針を持っているととても便利です。

4本針や5本針でももちろん編めますが、輪針は針の持ち替えがないぶん編むスピードが上がりますし、針が一本どこかに見えなくなるというストレスもありません。

輪針は長いものから短いものまでたくさんの種類があり、80㎝~120㎝の長さのものは2本針の代わりとしても活躍します。

私が使用しているのはaddiの輪針で、竹製の編み針は若干すべりが悪く感じるためこちらを試して以来、ずっと愛用しています。

いろいろな太さ、長さがそろっていますので、用途に応じて使ってみることをオススメします。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ